山いちばでは、山林所有者向けに山林の財産的価値を高めるお手伝いを行うとともに、一般向けの山林売買・仲介や、木材買い取り、コンサルティングなど、山のプロならではの各種サービスを提供します。

親から山林を相続したが、行った事も見た事もない・・・

以前に山林を買ったが、毎年固定資産税を払うだけだ・・・

山林を所有していても、その恩恵を受けたことがない・・・

山林・木材に関するご相談は、お気軽に山いちばまでお問い合わせください。

山林売買及び仲介

専門業者による買い取り、第三者への売買、企業向け販売などの方法により、お客様が所有する山林の売買・仲介業務を行います。また、近年増加している相続税の課税対象者向けに、山林売買を通じた相続税対策などの提案もいたします。

山林の立木・木材買い取り

まず森林簿を調査の上で、現地に専門のスタッフを送り込み、実際に山に立っている木の直径を測り、その山からどれくらいの木材が生産出来るかを調査します。土地に価値がない場合でも、生えている木が高く売れたというケースはよくあります。プロの目による的確な査定が可能です。

山林境界線の確定作業

所有する山に関してあらゆる資料を集め、必要であれば現地の調査や隣の所有者へのヒアリングを行い、境界線を確定することで山の価値を守ります。山林の境界線は代を経るごとにあいまいになることが多く、売却時や相続時によく問題が発生します。

山林の管理

山のプロによる間伐、枝打、下草刈りなど、山林の維持管理に欠かせないメンテナンスについてのアドバイスや、専門業者の紹介、整備・管理等の補助金を提案し、山林の財産的価値を高めます。山林は数十年間放置すると木材の質が低下し、財産的価値が下がりますが、定期的なプロの手入れにより、質の良い木材が育ち、生産量が増加します。幅広いネットワークを活用した専門業者の手による施業が可能です。

木材・銘木等の販売

全国に広がる山林業・木材加工業特有のネットワークを活かし、ありとあらゆる種類の木材・銘木を提供します。建築・加工用の木材を始め、家具、木工、アーティスト向けの特注品、庭木、柱、内装、神社仏閣、数寄屋建築などに用いる銘木も扱います。