山いちば 立木買取

現地に専門のスタッフを送り込み、実際に山に立っている木の直径を測り、その山からどれくらいの木材が生産出来るかを調査します。土地に価値がない場合でも、生えている木が高く売れたというケースはよくあります。プロの目による的確な査定が可能です。

ただし、樹種や樹齢、山林の地形、林道の有無、搬出の難易度などの要因により買取できない場合がございます。

立木買取 ご依頼の流れ

山林を所有されている方からご依頼を受け、現地にて調査を行います。広大な山林の調査は、ドローンを活用し効率化を図ります。

調査後に立木価格を査定し、売買契約を結んでから搬出を開始し、業者や市場に販売いたします。

1,まずは山いちばにメールまたはお電話にてお問い合わせください。山林の現況についてお聞きします。

2,搬出の際に必要となる作業や手続き等について説明し、ご理解をいただいた上で依頼契約を締結します。

3,現地調査を開始します。
※必要書類の調査、ドローンによる空撮と地上からの確認、境界確認

4,現地調査の結果を報告いたします (林種・樹種、樹齢、面積、蓄積、雪害・道路管理など)

5,調査結果をもとにした査定金額を説明いたします

6,売買契約を結び、必要に応じて搬出用の索道や作業道を作り、搬出を開始します。

立木買取の費用について

立木買取の査定金額は、搬出費用を考慮した上で算出いたします。事前の調査費や契約後の搬出代等は必要ありません。

ただし、立木伐採の前に境界線の確定が必要となる場合は、別途費用を頂戴します。山林の状況等によって費用は変動するので、まずはお問い合わせ下さい。